浩庵キャンプ場ツーリング

1000円富士を拝みに行ってきました。

1日目

お昼過ぎには浩庵キャンプ場に到着し、設営を済ませます。

前日に衝動買いしたMUKAストーブも早速実戦投入です。
普通の赤ガスを使ってます。
プレヒートなしで簡単に着火しますし、ランニングコストも最強だしほんとに良いバーナーです。
欠点らしい欠点といえば、弱火が苦手ってところですかね。炊飯は大変そうです。

お湯もあっという間に沸きます。
コーヒーをすすり、富士山を眺め、本読みに耽ります。最高。

夕方には富士山がかぶっていた雲も晴れてきました。

夕焼けの富士山。

夕飯はすき焼き。
あらかじめ切っておいた野菜とお肉を放り込むだけ。
割り下も事前に作ってナルゲンボトルで持ってきました。

野外すき焼き、最高に美味かったです。

おやすみなさい。

2日目

お山の夜はやっぱり冷えまして、日の出まで3回ほど目が醒めました。

湖面が落ち着き、1000円富士を拝むことができました。ありがたや〜。

1000円札に描かれているのも浩庵からの富士山ですね。

朝ラー。

チェックアウトの10時にあわせて出発し、富士川に抜けます。
下界はすっかり葉桜ですが、山の上はちょうど満開でした。

お風呂はかじかの湯にて。
大柳川渓流公園へ向かう途中にあります。やっぱり広いお風呂は良いですね。

甲府から140号線沿いに雁坂トンネルを抜け、秩父から青梅を通って帰宅しました。
秩父市街と、青梅から環八付近まで渋滞でさすがに疲れました……。


浩庵キャンプ場、キャンパーの間で鉄板なだけあって、確かなクオリティのキャンプ場でした。
バイクと大人のセットで1,900円という微妙な価格設定ですが、個人的には納得のいくお値段です。
夜は星も信じられないくらい綺麗ですし、コンビニやスーパーが絶望的に遠いのが唯一の不満ですかね。

今回そこそこ混んでいたので、夏はきっとさらに大盛況なんでしょう。
2017年、幸先の良いキャンプ初めとなりました。