林道金谷元名線 様子見ツーリング

林道金谷元名線の様子を見に行ってきました。

千葉県内の林道も、去年の台風で壊滅的な被害を受けました。
貫通していないのは承知の上で、林道金谷元名線の様子を見に行くことにしました。

まずは鋸南方面から。
金谷元名線の中腹で分岐している竹岡線です。やべえ道と名高い林道ですね。
入口に着くなり、早速通行止めでした。

今年度内に工事の目処がつくようです。
4月頃にもう一回来てみるといいのかもしれません。

バリケードの先はこんな感じ。楽しそうな雰囲気しかないのが非常に残念です。

20分弱走って、富津金谷IC側の入り口に来ました。

こちらは通り抜けできない旨の立て看板が立てられているのみ。
事前情報では、わりと中腹まで走れるようなのでこのまま進みます。

開通記念碑の前でバリケードに阻まれましたが、やはり事前情報通り結構走れました。
入り口から1km弱走ったところでダートになり、そこからアップダウンのある比較的フラットなダートが続いていました。
ところどころガレているところもあって、私のような初心者オフローダーには非常に楽しめる道でした。

バリケードから先はこんな感じ。一番見晴らしのいいポイントが通行止めのようです。

おおむねこんな感じの道がずっと続きます。

そんなわけで、バイクを田植え機みたいに泥まみれにして戻ってきました。
これ、富津側と鋸南側が貫通していたらめちゃめちゃ楽しいんでしょうね……。

一日も早い復旧を願うばかりです。