CRF250L オイル交換

初めて自分でCRF250Lのオイル交換をしました。

前回の交換から2,000km弱しか走っていませんが、窓から見えるオイルの色がかなり邪悪だったので交換を決意しました。

バイク屋さんからオイルの相性によって異音がするという情報をキャッチしているので、あえてG2を使います。
ホンダ純正の部分合成油です。メーカー推奨は鉱物油のG1のようです。

今回はオイルと一緒にオイルエレメントも交換します。

今回新しく用意したものは以下の通り。

地元のちっこい2りんかんで全て揃いました。
エンジンに関してはCBR250Rなんかと同じなので、部品の入手性の良さという面で共通設計の恩恵を感じられます。

M12のドレンワッシャは自宅の在庫品(デイトナ製)を使います。
工具関係はドレンボルト用に12mmのソケットレンチと、エレメントカバー用に8mmのメガネレンチを用意します。

スキッドプレートを外してからドレンボルトを外してオイルを抜きます。

カバーを外してエレメントを抜きます。
簡単にエレメントを外せるこの整備性は素晴らしい。VFRに爪の垢を煎じて飲ませたいです。

ガスケットは左右非対称なので、裏表も必然的に分かるのは迷わなくていいですね。

新品との比較です。めちゃめちゃ汚れてますね……。

ドレンボルトとフィルターを戻してオイルを入れます。
メーカーはエレメント交換した場合1.5L入ると言っていますが、最終的に1.4Lで落ち着きました。

試運転した感じではシフトフィールが改善した気がするという感じですね。